アファメーションとは?潜在意識に働きかける原理や方法を解説

Yoga on the beach at sunset

アファメーションとは、英語の”affirm”から来ており、何か事実であることを明言するという意味です。

スピリチュアルの世界においてのアファメーションとは、私たちが自分の人生に呼び込みたい真実を明言することを示します。

アファメーションは、希望や願いを思い描くということよりも、はるかにダイナミックで実践的です。

アファメーションの原理

My day begins and ends with gratitude – positive affirmation words – handwriting on a napkin with a cup of coffee

アファメーションが現実化しやすい背景には、アファメーションは高次の真実に根差しており、それらは私たちがまだ意識レベルで認識しておらず、それゆえ、実現されていないだけである、ということがあります。

私たち人間が犯しやすい過ちの一つに、私たち自身の持っている力を過小評価、或いは信じることができない、ということがあります。

アファメーションは、繰り返し行うことによって、それを口にしたり、書いたりすることで心の中にイメージとして投影され、それにより私たちの潜在意識が変化していきます。

繰り返しアファメーションを行うことで、通常なかなか変えることが難しい行動パターンや物事に対する姿勢などを変えていくことが出来るとされています。

例えば、人生に対してあまり良くない影響を及ぼしている自分の行動パターンに気が付いたときは特に、アファメーションを行うことがとても効果的です。

私たちの潜在意識は、私たちの奥深くに存在し、毎秒4億バイトもの情報を取り込んでいるとも言われています。

そして、脳というフィルターを通した後は、私たちは毎秒5-9バイトの情報しか認識できないとされています。

そしてその5-9バイトの情報のみを私たちは現実として認識しているのです。

例えば、海面を見た時に、目に見える海面に浮いたものしか認識することができません。

けれども実際は、海面の下に、何千メートルという海の世界が広がっています。

あなたの目には見えなくても、海面下の世界は確かに存在し、それは紛れもない現実なのです。

顕在意識(海面)と、潜在意識(海面下の世界)にも同じことが言えるのです。

特徴を一言で言えば、顕在意識は私たちが論理として信じている、分析的な思考であり、潜在意識は私たちが現代において採用している基準を元にすれば、「非論理的」なのです。

私たちの潜在意識は、過去と未来を区別しません。

今、ここという概念しかないのです。

正しい、間違っているという区別もありません。

潜在意識はそこにあるものを全て「真実であるかのように」認識するのです。

それこそが、アファメーションを行う際に、「ポジティブで在ること」として、「今、ここで真実であるかのように」行うことが重要である理由です。

「私は健康でエネルギーに満ち溢れています」はポジティブであり、今、ここでの状況を表すアファメーションです。

それはまるで司令のように発動し、あなたの潜在意識はそれに対して忠実に反応して行きます。

それが「私は健康でエネルギーに満ち溢れていたいです」とした場合、あなたの潜在意識は「いつ?」という疑問を持ち、現実化へとすぐに向かうことができません。

あなたはこれから数分後に健康でエネルギーに満ち溢れていたいのでしょうか?

何時間後でしょうか?

何日かあとでしょうか?

何年後でしょうか?

いつのことなのでしょうか?

潜在意識の反応を促すには、厳密さに欠けているのです。

「そうなりたいです」とは、今現在そうでないことを自分から潜在意識に刻み込んでいるのです。

「私は~です」と、まるでそれが今、ここで事実であるかのようにアファメーションを行い、それを日課のように繰り返すことであなたの潜在意識、そして脳がその現実化に向けて速やかに動き出すのです。

では、アファメーションを行う際に、それを100%信じていなければならないのでしょうか?また、それは現実と一致していなくてはならないのでしょうか?答えはいずれも、否です。

現在の私たちは、現実を変えたいという思いからアファメーションを行うことが多いため、それらは難しいでしょう。

100%信じることができる必要はありませんが、疑いの気持ちに気が付いたら、それを切り捨てるつもりで、素直に、アファメーションの内容が「現実になりそうだ」という気持ちに浸ってみましょう。

また、現実とかけ離れていると思われる場合でも、潜在意識には関係のないことです。

多くの成功した企業家や著名人などは、アファメーションの力を認識しており、それが現実化する「前」に利用しているのです。

いくつかアファメーションの例を書いてみます。

私は頭が悪いです。

私は重要ではありません。

私は平和です。

私はラッキーです。

私は具合が悪くて、~に疲れています。

私は怒っています。

私はクリエイティブです。

私は幸せです。

私は愛されています。

私は頭が良いです。

私は充分な能力を持っています。

ポジティブなものも、ネガティブなものも、同じように潜在意識に対する指令として認識されるのです。

もうお判りでしょうか?

もし、あなたが望まない状況にあるとすれば、意識せずとも、あなたが知らず知らずのうちに口にしたものが潜在意識への指令として伝わり、現実化しているのかもしれません。

アファメーションの方法

アファメーションは静かな場所で、集中して行うのが理想です。

最大限の注意を払いながら集中して行いましょう。

まずは、大きな声ではっきりと、次に通常の声で、そして囁くような声で、最後は心の中で唱えます。

声に出して行うのが理想的ですが、それが出来ない場合は、強く心の中で唱えるだけでも構いません。

眉間の間にある、第3の目という言われるポイントに意識を向けながら、潜在意識にアクセスするつもりで行いましょう。

アファメーションをするのに最適な時間帯は、目覚めた直後か、寝る直前、或いは瞑想の前後が良いとされています。

潜在意識が情報を受け取り易い状態にあるからです。

または、自分が困難な状況にあるときにもお勧めです。

なぜなら、その時こそ、素晴らしい未来への種まきをするべき時であるからです。

けれども、時間帯やタイミングに囚われず、気がついたときには、いつでもアファメーションをしましょう。

日々、繰り返し口にしたり、書いたり、そして頭の中で繰り返すだけでも効果的です。

実際にアファメーションをするときに注意するべき点がいくつかあります。

ポジティブであることはもちろん、否定形も避けましょう。

例えば「私は怒っていません」とすると、「怒る」という言葉が潜在意識に影響を与え、むしろ怒りを増長させてしまうこともあります。

よって、「怒る」という単語を使わず、例えば「平和」という単語を使った方がよいでしょう。

また、重要なのは、あなたがアファメーションを行うことを心から望んでいるということです。

もし、あなたが本当にそれを手にしたいのかどうかに疑いの気持ちがある場合には、その疑いが、現実化の足かせとなってしまいます。

それにより、多くの人が結果を手にすることができずに、アファメーションの力に対する信用を持てないでいるのです。

愛と、信頼、気持ちと関心を持ってアファメーションしましょう。

そして、あなたの望む現実がまるですでに現れたかのように信じ、その気持ちを味わうことが重要です。

こうした思考が現実化の速度を速めてくれるからです。

もちろん、今、苦しい現実にある時には、難しいと思われることでしょう。

けれども、その状況は永遠には続きません。

ネガティブな思考や疑いにあなたの人生を支配されてしまわないようにしましょう。

アファメーションの例

Digitally generated Life is beautiful vector

以下に、アファメーションの具体例を挙げておきます。

成功に関するアファメーション

・成功を手にするのは簡単でシンプルな事です。

・成功が今、私の人生に流れ込んできています。

・宇宙の力は、私が目的を達成する手助けをしてくれます。

・息を吸うたびに、私は自分を繁栄のエネルギーで満たします。

幸せに関するアファメーション

・私は幸せが私の人生に現れることを受け入れます。

・私には今幸せになる権利があります。

・いつも幸せの方から私を求めてきます。

・私は幸せな習慣を身につけつつあります。

健康のためのアファメーション

・私の体の全てのシステムは完全に機能しています。

・私の体は健康的なエネルギーに満ちています。

・宇宙の癒しのエネルギーが私の体と心を満たしています。

・日々、私の健康は改善されています。

お金に関するアファメーション

・私の人生に沢山のお金が流れ込んで来ます。

・私は日々、より多くのお金を手にしています。

・私はお金を引き寄せる磁石です。

・沢山のお金を得るためのルートが私に対して開かれています。

・私は今、沢山のお金を稼いでいます。


また、人生全般を総合的に向上したい時には、

私は日々、あらゆる面において良くなっています。

というアファメーションもお勧めです。

ぜひアファメーションを習慣にして、宇宙のポジティブなエネルギーを取り入れていきましょう。

よろしければシェアをお願いします。